2017年07月04日

ファイブ 〜「花より男子」っぽい作品、世の中にたくさんある説〜

フジテレビオンデマンドで2017年6月30日〜配信された
ふるかわしおり原作「ファイブ」

先日、見た「&美少女-NEXT GIRL meets Tokyo-」

に主演した浅川梨奈がヒロインということで、見てみた。

やはりというか、なんというかあらすじを見てからぬぐえなかった「花より男子」感。
見てもやっぱりであった・・・というか、ママなのではないか?

浅川梨奈はがんばっているが、井上真央がかぶってきてしょうがない。
男性陣は4人が5人なった上に、印象に誰も残らない。

全15巻という大作。
だから今後「花より男子」とは違う展開があるのだろうという期待を持ってもう少し見続けたい。

posted by ようすけざん at 17:40| 東京 ☀| Comment(40) | TrackBack(0) | 2017年7月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編 前編 〜吉岡里帆がちょっと出た〜

2016年4月クールに放送された
宮藤官九郎脚本岡田将生主演の「ゆとりですがなにか」
http://www.ntv.co.jp/yutori/

そのスペシャル版「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」
が、2017年7月2日・9日に前後編として放送。

「ゆとりですがなにか」は、2016年の連続ドラマではベスト5に入る作品。
もちろん宮藤官九郎の脚本が冴えわたっていたのだけれど、
吉岡里帆と太賀の発見が大きかった。

すっかりこの1年で飛躍した吉岡里帆は1シーンの登場のみ。
太賀は「山岸ですがなにか」のスピンドラマ主演。
1年で何もかも変わるんだよなと、改めて実感。

ということで、スペシャル前編。勢いが衰えていない1時間だった。
安藤サクラは実際も妊婦で、役の上でも妊婦。
これに気づかない坂間家というのは、ぶれていなくて面白い。

そして、太賀の山岸が秀逸。山岸がいたからこそのドラマだったんだよな。
久々の清野菜名のさとり世代も良かったな。

後編へ続くわけだが、気になる蒼井優の存在。
方言が上手すぎて、それだけで引き込まれた。
posted by ようすけざん at 22:56| 東京 ☀| Comment(55) | TrackBack(0) | 2016年1・4・7・10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする