2020年07月23日

たまむすび ~竹山、ガムテープ買ってきて!が面白い~

たまむすび」は、各曜日日替わりコーナーがある。

月曜:カンニング竹山「竹山、ガムテープ買ってきて!



木曜:土屋礼央「たまむすび レオ販店


その中で今一番熱いのは「竹山、ガムテープ買ってきて!」。
どのようなコーナーかというと、

リスナーの疑問・質問・司令に身体を張って答えるコーナー。

カンニング竹山率いる、月曜スタッフがリスナーの皆さんの力をおかりして全力でお応えします。
優秀なリスナーさんの調査協力のおかげで、これまでに色々解決!!

◎昔好きだった懐かしいお菓子をもう一度食べたい
◎お世話になった先生に挨拶できぬまま卒業。今何してるのかな?
◎歌詞の一部分しかわかんないこの曲。誰の何てやつ?
「tama954@tbs.co.jp」まで、気軽にご応募下さい。

というもの。
もっとわかりやすく言えば、カンニング竹山が番組内で
「探偵!ナイトスクープ」のラジオ版と言っていたが、まさしくその通り。

ここ最近のお題は、

■手遊び歌・お寺のおしょうさんの歌詞

■1985年10月26日(土)国立競技場にてサッカー日本vs韓国を観戦した人、探してます
①リスナーの皆さんの中で、1985年10月26日、国立競技場で行われた、
「日本と韓国」の試合を会場で見た!という方。
会場の雰囲気や、試合の感想などなど、あなたが感じたことを教えて下さい。

②Jリーグが開幕する前、サッカー黎明期の応援はどういったものだったのか?
プロ化する前、「日本サッカーリーグ」の頃から、
日本のサッカーを応援してきた!という方、当時の応援の様子を教えて下さい。

■1971年7月11日のTBSラジオ ポップス・ホットテンで募っていた番組へのカンパとは何なのか!?

■中西圭三さんのA.C.E.という曲を2音下げると松井秀喜さんになる!?

というもの。
「探偵!ナイトスクープ」のように1度に解決するものではなく、
数週にわたってリスナー・スタッフ総動員で解決を目指すところが好き。

サッカー日本vs韓国のネタはなんだか涙が出てきたし、
ポップス・ホットテンのネタではラジオの変遷やラジオの良さを改めて認識する機会となった。

ひとつひとつのテーマが、リスナーの人生に大小はあるが影響を及ぼしていたという
なんだか深いコーナーになった。
いや、おそらくスタッフの想定を超え、深いコーナーになってしまったのだろう。
これこそ、パーソナリティ・パートナー・スタッフ・リスナーの信頼感あってのことだ。

そして今は中西圭三。

2020年7月13日の放送では、
「中西圭三のお兄さんは河合塾で古文を教えている」という情報から、
「中西圭三の兄、中西光雄です」というメールが番組に届く奇跡。

年齢を重ねてからの兄弟愛いいな。

そしてこのコーナーがきっかけで2020年8月3日の
「たまむすび」に中西圭三がゲストで出演することになった。
そして、新曲も初オンエアーというもうすごい展開。



それにしても、中西圭三の心の広さに救われている。
人によっては自身の曲を変えられるなんて許せない人もいるだろうに。

2020年8月3日の「たまむすび」中西圭三ゲスト回に向けて

・この曲の音程を下げると、誰々が歌っているように聴こえる!
・この曲のピッチを落とすと、別の人が歌っているように聴こえる!
https://www.tbsradio.jp/502266

を再募集。これは結構ありそう。

2020年8月3日聞き逃せない!!
posted by ようすけざん at 22:58| 東京 ☁| Comment(0) | ラジオ全般 | 更新情報をチェックする