2020年07月31日

おカネの切れ目が恋のはじまり ~9月15日放送開始決定。TBSの英断~

大島里美脚本 松岡茉優主演「おカネの切れ目が恋のはじまり」の
2020年9月15日放送開始が、2020年7月31日にTBSホット情報で発表された。


その記事の中にある東仲恵吾プロデューサーのコメントは以下の通り。

<プロデュース・東仲恵吾コメント>
皆様から、三浦春馬さんが演じたこのドラマを観たいという非常に多くのご要望をいただきました。
それにお応えするべく、キャスト・スタッフ一丸となり作り上げた作品をお楽しみいただけるように、
誠心誠意込めて完成させていきます。
また、松岡茉優さんをはじめとした今の出演者でドラマを完結させるべく、
一部台本を書き直して撮影を進めていく予定です。
是非とも、最後まで『カネ恋』をよろしくお願いいたします。

お蔵入りか、ともいわれた作品。
キャスト・スタッフのそれでも多くの方に見ていただき完結させようという気持ちが伝わってくる。

三浦春馬が亡くなってから幾度となく、関係各所と打ち合わせと調整を重ねた結果なのだろう。
お蔵入りにする方が圧倒的に楽だっただろうことを考えると、本当に頭が下がる。

2020年7月14日にTBS植田博樹プロデューサーが、
東仲恵吾プロデューサーについて下記のツイートをしていた。

このツイートがとても印象的だった。
おカネの切れ目が恋のはじまり」のホームページを見てみると、
演出として、平野俊一・木村ひさし・土井裕泰のお名前が。確かに3名ともチーフを張れる方だ。
東仲恵吾プロデューサーは信頼される方なんだな、と思っていたし、今回の対応を見て確信をした。

少し話はそれるが、30代前半のプロデューサーが活躍されているというTBSの実態を知るに
今後も質の高い、おもしろい作品が期待できることも確信した。


おカネの切れ目が恋のはじまり」の撮影はこれからも続く。

のリリースを見ると、演出陣から土井裕泰が消えているので、話数を短縮しての放送なのだろうか。

いずれにしても、コロナ禍という現実的な困難さと、
見えないけどどこかにある晴れない気持ちの中を乗り越えるには相当のパワーが必要だと思う。

松岡茉優さん、三浦翔平さん、北村匠海さんを始めとするキャストの皆さま
脚本の大島里美さん、プロデューサーの東仲恵吾さんはじめスタッフの皆さま
お辛い気持ちのなか、このような結論を出していただきありがとうございます。
身体と心、くれぐれもご自愛ください。

おカネの切れ目が恋のはじまり」楽しみにしております。
posted by ようすけざん at 06:38| 東京 ☁| Comment(0) | 2020年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする