2020年08月03日

ルパンの娘 ~面白かったが視聴率全話一桁。でも待望の続編制作決定~

2019年7月クールに木曜劇場で放送された
横関大原作 徳永友一脚本 深田恭子主演「ルパンの娘」。
ルパンの娘 Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 深田恭子 ] - 楽天ブックスフジテレビ系ドラマ ルパンの娘 オリジナルサウンドトラック [ Face 2 fAKE ] - 楽天ブックスルパンの娘 (講談社文庫) [ 横関 大 ] - 楽天ブックス

その続編が2020年10月から同じ木曜劇場枠で放送されることが発表された。

(2020年7月23日 とれたてフジテレビ)

全11話の視聴率は以下の通りで

①8.4% ②7.4% ③8.2% ④5.8% ⑤6.0% ⑥5.4%
⑦6.7% ⑧5.7% ⑨6.9% ⑩8.3% ⑪9.8% 平均7.2%

初回8.4%から徐々に下降し、第6話で5.4%を記録した。
そこから一転回復し最終回では9.8%を記録した。


それでも「ルパンの娘」面白かったことに間違いない。

とにかく真剣にくだらなさを追求している作品で楽しめた。
途中ミュージカルがいきなり始まったりするのも、真剣。
その真剣さとくだらなさのギャップがいい。

深田恭子も魅力的だし、渡部篤郎と小沢真珠の夫婦もばかばかしくていい。
栗原類のキャラクターも活きていて、肩に力を抜いて見られた作品だった。
それは、徳永友一脚本の力によるところが大きいだろう。


それでも連続ドラマとしての続編をやるには世帯視聴率が厳しいように感じたが、

昨年は初回(2019年7月11日)の平均世帯視聴率が8.4%。放送期間中はTwitterの世界トレンドで2位にランキングされるなど、SNSを中心に大きな話題となり、8話(2019年8月29日)以降、右肩上がりに数字を上げ最終回(2019年9月26日)は番組最高となる平均視聴率9.8%をマークしました(番組平均世帯視聴率は7.2%)。なお、第3話(2019年7月25日)と最終回を除く9放送回でタイムシフト視聴率がリアルタイム視聴率を上回り、番組平均タイムシフト視聴率は8.2%、リアルタイム視聴率とタイムシフト視聴率を合わせた番組平均総合視聴率は14.5%でした。配信での見逃し視聴も初回放送後から1週間で124万回再生を記録するなど、フジテレビドラマの記録を更新しました。

と、タイムシフト視聴率、見逃し視聴も好調だったよう。
世帯視聴率しかきちんと発表されず、
勝手に低視聴率作品と位置付けられてしまうのはこの上なくもったいない。

面白い作品は面白いのだ。
だから、「ルパンの娘」の続編が放送されることが嬉しい。
「アンサング・シンデレラ」も良作だし、木曜劇場復活になればより嬉しい。

ルパンの娘 Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 深田恭子 ] - 楽天ブックスフジテレビ系ドラマ ルパンの娘 オリジナルサウンドトラック [ Face 2 fAKE ] - 楽天ブックスルパンの娘 (講談社文庫) [ 横関 大 ] - 楽天ブックス
posted by ようすけざん at 00:52| 東京 ☀| Comment(0) | 2020年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする