2020年08月17日

愛はどうだ ~緒形拳主演の名作。そして渋谷琴乃がかわいい~

遠藤察男脚本 緒形拳主演「愛はどうだ」は
1992年4月からTBS金曜ドラマ枠で放送された名作。
愛はどうだ」は1990年代のベスト10に入る作品。

愛はどうだ DVD-BOX [ 緒形拳 ] - 楽天ブックス

緒形拳のキャラクターと
清水美砂・つみきみほ・渋谷琴乃の3人娘の可愛らしさと
福山雅治・常盤貴子の初々しさと
羽野晶紀・渡辺えり子のインパクトと
秋元康企画という遊び心と
が絶妙にマッチしていた作品が「愛はどうだ」だ。

とにかく作品全体にテンポが良くて、楽しい。
笑わせながら、ちょっと泣かせる。
緒形拳のわがまま感はあるが、それが父親だと許されていた時代でもある。
それでも、緒形拳のわがまま・軽さが、緒形拳のイメージとギャップがあってまたいい。

第1話は「理屈じゃねんだ!」
4人暮らしの中で主婦の役割を演じる清水美砂演じるあやめの不満が爆発するのだが
それぞれ家族のキャラクターがしっかりしていて面白い。

リアルタイムで見ていた時も面白かったのは渡辺えり子が緒形拳にまた家に来てほしいために出すクイズ。
第1話は
「同じコインが27枚あります。
でもこの中に、他のよりちょっとだけ重い
”にせ”のコインが1枚紛れ込んでいます。
にせ物を見つけたいのですが、最低で
何回天びんを使えば良いのでしょうか?
姫子♡」
この仕掛けなかなか面白い。
緒形拳がまた来たくなる仕掛けという体の、視聴者が次回を見たくなる仕掛けということだ。

いつの間にか私も3人の娘の父親になった。
また新たな視点で「愛はどうだ」を見始めてしまった。
最終回までが楽しみで仕方がない。
posted by ようすけざん at 22:14| 東京 ☀| Comment(0) | 2004年以前の作品 | 更新情報をチェックする