2020年08月23日

13(サーティーン) ~結局何だか分からなかった。予算不足?リメイク能力不足?原作がそもそも面白くない?~

2020年8月22日に最終回となった東海テレビ大人の土ドラ枠
浅野妙子脚本 桜庭ななみ主演「13(サーティーン)

13(サーティーン)」は、2016年イギリスBBCテレビで放送された
「サーティーン/13 誘拐事件ファイル」のリメイク。

ということで期待してみたのだが、残念過ぎた。

結局、13年間監禁されていたというショッキングな設定だけ。

周辺の話は深みもまったくなく、
全4回何を見せられたのかと思うほど何も残らなかった。
よくもこんな魅力のない話をリメイクしたなと
思ってしまうほどのお粗末さ。

オリエンタルラジオ藤森慎吾の演技も不発。
話題性だけを考えれば、オリエンタルラジオ藤森慎吾に
怪演と評されるレベルまでの演出があっても良かったと思う。
とにかく、中途半端だった。

最終回の警備体制とか信じられないレベル。
死角ありまくりで逃げられる。
スピード写真の施設のカーテンが締まっていたら確認するでしょう。
これで乗り切るならもっとスピード感がないと厳しい。

「こんなのありえない」と思って現場のキャスト・スタッフ陣は撮影しているのではないだろうか。
それくらい残念な演出・脚本でしかなかった。


posted by ようすけざん at 21:57| 東京 ☁| Comment(0) | 2020年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする