2020年09月02日

コワイ童話「シンデレラ」  ~内山理名の絶頂期を楽しむ~

1999年4月19日~10月4日まで
TBS月曜24時50分~25時20分に放送された「コワイ童話」。

4話完結で

①「シンデレラ」
脚本:武田百合子
主演:内山理名
プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ、大室清、矢口久雄
演出:吉田秋生

②「人魚姫」
脚本:井上もも
主演:小雪
プロデューサー:磯山晶、大室清、矢口久雄
演出:福澤克雄、磯山晶

③「不思議の国のアリス」
脚本:後藤ひろひと
主演:佐々木蔵之介
プロデューサー:鈴木早苗、大室清
演出:石井康晴、平田さおり

④「みにくいアヒルの子」
脚本:小原信治
主演:山口もえ
チーフプロデューサー:丹羽多聞アンドリウ
プロデュース:森下和清、千葉行利、植田博樹
演出:伊與田英徳

⑤「ラプンツェル」
脚本:小野沢美暁
主演:直瀬遥歩
プロデューサー:伊佐野英樹、森下和清、千葉行利
演出:藤尾隆、平野俊一

⑥「親ゆび姫」
脚本:宮藤官九郎
主演:栗山千明
プロデューサー:磯山晶、森下和清、千葉行利
演出:金子文紀、今井夏木、浅野敦也

の6作が放送された。
「親ゆび姫」は、宮藤官九郎のテレビドラマ初単独執筆作。

21年前の作品だがスタッフ陣を見ると
植田博樹・伊與田英徳・磯山晶・福澤克雄・伊佐野英樹
丹羽多聞アンドリウ・金子文紀・今井夏木・平野俊一
吉田秋生・石井康晴・鈴木早苗
と、その後のTBSドラマを支えたメンバーが携わっているのが印象的。
そして今でも活躍しているメンバーが多く携わっていた。

第1作「シンデレラ」の主演内山理名は、当時17歳で連続ドラマ初主演。
同じ時期に金曜ドラマ「L×I×V×E」にも出演していた。
「L×I×V×E」は今もう一度見たい作品の一つである。

内山理名と言えば、2003年7月クールのTBS日曜劇場 堂本剛主演「元カレ」。
「元カレ」では、”今カノ”を演じたのだが、
あまりにもあまりにで、残念だったこと今でも覚えている。

ただその後、

大奥〜華の乱〜(2005年10月:フジテレビ)
嫌われ松子の一生(2006年10月:TBS)
生徒諸君!(2007年4月:テレビ朝日)

で主演を務め、2017年にも

マチ工場のオンナ(2017年10月:NHK)

10年ぶりに主演を務めた。
ただ変わらずあまりにもあまりなのは、変わらなかった。

その一方、初々しさで乗り越えられる「シンデレラ」は純粋に楽しめた。
若手スタッフの制作という点もまた初々しい。
TBSは、もう一度深夜にこのような若手をメインにした作品を制作してほしい。
posted by ようすけざん at 22:04| 東京 ☀| Comment(0) | 2004年以前の作品 | 更新情報をチェックする