2020年09月14日

コワイ童話「ラプンツェル」  ~柴咲コウ・大森南朋が出演していた直瀬遥歩主演作品~

1999年4月19日~10月4日まで
TBS月曜24時50分~25時20分に放送された「コワイ童話」。

その中の小野沢美暁脚本 直瀬遥歩主演「ラプンツェル」を見た。

【ストーリー】
根本結衣(直瀬遥歩)は一人暮らしをしている女子大生。ある日、結衣は友人・加奈子(戸田麻衣子)とドライブ中、車に衝撃を感じた。結衣は、窓にはりつく男の無残な姿を目にするが、車外に出ても誰もいない。その晩、帰宅した結衣の前に死んだ幼なじみ・修一の幻影が現れた。さらに、結衣宛てに“人殺し”と書かれたFAXが届くなど、脅える結衣に奇妙な出来事が起こり始める。

直瀬遥歩って誰?
私も思い出せなかったが、2000年にはすでに引退しているようだ。

雰囲気が、堀北真希、南沢奈央に似ている感じがするのは当然で
二人と直瀬遥歩の事務所は同じスウィートパワー
ちなみに内山理名もスウィートパワー

直瀬遥歩のイメージは20歳で止まっているので、
堀北真希、南沢奈央よりも年下のイメージがあるが
堀北真希よりも直瀬遥歩の方が8歳上。

決して直瀬遥歩の演技が巧みということではないが、
どこかなんだか魅力を感じたのは事実。この先の直瀬遥歩が見たかった。

コワイ童話「ラプンツェル」には、柴咲コウが脇役で登場する。

上記のビジュアルで直瀬遥歩の後ろにいるのが柴咲コウである。
表情がとにかくコワくて、かなり印象的だった。
ただここまでの重要な役ではなく、柴咲コウで引っ張ってこようという意図のビジュアルだ。

そして、大森南朋も登場する。若い。
「私の家政夫ナギサさん」でおじさんと呼ばれるのは
この作品の21年後ということになる。

作品自体の見ごたえというよりも、出演者を懐かしむ作品であった。


「コワイ童話」の全作品は以下の通り

①「シンデレラ」
脚本:武田百合子
主演:内山理名
プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ、大室清、矢口久雄
演出:吉田秋生

②「人魚姫」
脚本:井上もも
主演:小雪
プロデューサー:磯山晶、大室清、矢口久雄
演出:福澤克雄、磯山晶

③「不思議の国のアリス」
脚本:後藤ひろひと
主演:佐々木蔵之介
プロデューサー:鈴木早苗、大室清
演出:石井康晴、平田さおり

④「みにくいアヒルの子」
脚本:小原信治
主演:山口もえ
チーフプロデューサー:丹羽多聞アンドリウ
プロデュース:森下和清、千葉行利、植田博樹
演出:伊與田英徳

⑤「ラプンツェル」
脚本:小野沢美暁
主演:直瀬遥歩
プロデューサー:伊佐野英樹、森下和清、千葉行利
演出:藤尾隆、平野俊一

⑥「親ゆび姫」
脚本:宮藤官九郎
主演:栗山千明
プロデューサー:磯山晶、森下和清、千葉行利
演出:金子文紀、今井夏木、浅野敦也
【中古】コワイ童話「人魚姫」 [VHS] - Come to Store【中古】コワイ童話「みにくいアヒルの子」 [VHS] - Come to Store【中古】コワイ童話「シンデレラ」 [VHS] - Come to Store【中古】コワイ童話「ラプンツェル」 [VHS] - Come to Store
posted by ようすけざん at 22:02| 東京 🌁| Comment(0) | 2004年以前の作品 | 更新情報をチェックする