ブラザー☆ビート ~結婚式は3兄弟同時に・・・~

玉山鉄ニが、国仲涼子と。
速見もこみちが、浅見れいなと。
中尾明慶が、岩佐真悠子と。
そして、田中美佐子も、生瀬勝久と・・・

なんていうオチもありえるのでは??

という、ベタな最終回を目前にしながら一番父親から遠いと思っていた
陸がクリーニング屋を継ぐことに。
ここで、とても気になってしまった。
クリーニングは洗えばいいというものではないということだ!!
友人の実家が「クリーニング屋」をやっていたのだが、実はそう簡単に習得できる技術ではない。
それにクリーニングの技術は格段に上がっており、新しい機材を入れないと厳しいらしい。
私の友人が、家を継ぐことをやめたので、新しい機械を導入することを止め、廃業した。
そんな現実が近くにあった為、うそ臭く思えてしまった・・・

とはいえ、最初で書いたような展開を気にせずに入られない。
きれいな、4人の花嫁。
きっと亡くなったお父さんも草葉の陰で喜んでいるだろう。
なかなか良い結末なのでは??

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ブラザー☆ビート ~第9回~
  • Excerpt:  今回のテーマは「親父」でしたね。リストラの話は理不尽だったとはいえ、なんでもすぐに投げ出して流されるままになってしまう陸の姿にはちょっと?な感じがしました。ただ、何をやってもうまく行かないときって案..
  • Weblog: いわぴいのドラマ日記
  • Tracked: 2005-12-12 07:06