探偵!ナイトスクープ グランドアカデミー大賞

「探偵ナイトスクープ」が20周年を迎え、
「探偵ナイトスクープ グランドアカデミー大賞」と題したスペシャル番組が放送された。
東京では、大阪から2週遅れで放送されるため、

20日に放送されたABCテレビ「探偵!ナイトスクープ」(金曜後11・17)の視聴率が、深夜の2時間拡大版にもかかわらず、同番組の今年最高となる平均23・5%を記録したことが23日、分かった。占拠率は50・5%で、関西地区の同時間帯にテレビをつけていた世帯のうち、半分以上が見ていた計算だ。  番組20周年記念「グランドアカデミー大賞」と題し、過去の傑作VTRを一挙紹介。瞬間最高視聴率は「タケモトピアノCMの謎」「養老の星 幸ちゃん」を放送中の午前0時3、4分にかけてで28・8%だった。(サンケイスポーツ)
という、記事を読んだ後だったの期待が膨らんだ。
もちろん、「爆発卵」「マネキン」「手品師」「林先生」もあり大満足の2時間だった。
「パラダイス」がなかったのが残念でしょうがないのだが。

それにしても、同じ日本人なのに関西と東京ではこれだけ違う番組の好み。
この原因を解明することが最終回の依頼なのかもしれない・・・・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック