ブラザー☆ビート ~えなりと角野の絡みがなくて残念~

またまたお約束の数々が展開された「ブラザー☆ビート」
そんな中でも遊び心がちりばめられていた。

①春恵が、えなりかずきが来たことを達也の携帯に電話したときの着メロが
『渡る世間は鬼ばかり』だった。

②純平が、知里の母親が実家に帰ったことを知って、
「今流行りの『熟年離婚』っていうやつ?」
裏番組だけど先週終わったからね。でも、数字的には負けちゃったもんなぁ~

③知里の実家のお菓子の名前が「栗道明寺」
翌日最終回の「花より男子」の『道明寺』にかけたのでは??

父親がこのドラマのキーポイントだったんだなぁ。
当初は、母と兄弟とのホームドラマかと思っていたが、そんな薄っぺらいものではなかった。
父親の話題は良く出てきたが、ここまできちんと引っ張るキャラだった。
母親と3人の息子とそして父親の戦いだったんだ。
それにしても、息子たちは少なからず父親の影響を受けていて、なんだか微笑ましい。

来週最終回。
先週予想した
玉山鉄ニが、国仲涼子と。
速見もこみちが、浅見れいなと。
中尾明慶が、岩佐真悠子と。
そして、田中美佐子も、生瀬勝久と・・・

4人の花嫁が現実となるか??

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ドラマ・ブラザー☆ビート ~第10回~
  • Excerpt:  いやあ~、達也と主任の結婚やっと決まりましたね~。二人には心からおめでとうと言ってあげたいですね~。今までいろいろあっただけに自分のことのようにうれしいです。頑固親父VSだらしない母親の決着はついて..
  • Weblog: いわぴいのドラマ日記
  • Tracked: 2005-12-17 12:53