流星の絆 ~クドカン×東野圭吾は成立するか?~

東野圭吾作品に宮藤官九郎という組み合わせの妙は、磯山晶プロデューサーならでは。
「白夜行」のように硬派一直線路線ではなく、緩急入り混じった展開にした。
これは、なかなか興味深い。

原作ものをそのまま映像化するのではなく、映像だから出来ること、
テレビの脚本家だから書けることに改定していくことは、
多くのドラマ制作者が見習うべきだ。
単なる設定変更ではないということが重要である。
東野圭吾がどのような人か分からないが、よく許したものだと思う。

それにしても、二宮和也と錦戸亮と戸田恵梨香の3兄弟がなかなかいい。
とはいえ、尾美としのりが一番いい味を出しているのだが。

それにしても、シリアスの場面がシリアスすぎる。今後の展開が楽しみである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック