明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー

1990年から毎年12月24日のクリスマス・イヴの深夜に放送されている「明石家サンタ」
今年は21回目。以前は、春や秋にもやったことがあるので数が合わない。
初回から一回も見逃したことがない、大好きな番組のひとつ。

「八木さんのファンです。」
「どこが?」
「いえ、別に…。」
っていうお約束も楽しかったが、
今年は残念ながら聞くことが出来なかった・・・

村上ショージ、松尾伴内といったさんまファミリーも要所で活躍しているし
木田も、毎年律儀に出ている。
ここまでくると、お約束をどこまで続けられるかもひとつの見所だったりする。
以前も、死亡説が流れた堀江淳の人形が加藤紀子や中居正広のとこにいったり
笑いの神様がついている。

徐々に芸能人が登場するようになり、限られた時間内で時間を割くので
つまらないものになってきた感がここ5年間あったが、去年は少し異なっていた。
芸能人は出ても1人か2人が望ましい。
今年は小倉優子がうざい存在になってしまったなぁ~
八木の鐘を鳴らすタイミングはもっとはやくても良かったでしょ~

気になるのは、
大爆笑ネタがほとんどない
ということだ。
ネタものを排除する必要は全くないが、はがきの質があまりに低すぎる。

今年は、放送禁止用語が出ましたねぇ~結婚相談所の人。
何が話したかったんだろう。正直聞いてみたかったなぁ。

っていうか、はがき投稿や電話で応募した人で
ナンバーディスプレイ設定している人は
外しておきましょうね!!
もったいないですよ~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック