流星の絆 ~真犯人は別にいる?!~

「流星の絆」はてっきり戸神政行と思っていたがそうではないらしい。
これはこれは、最終回が楽しみでしょうがない。

それにしても、二宮和也と三浦友和の演技には唸らされる。
特に、二宮和也の強弱のある感情の起伏の表現は目を見張るものがある。

作品自体は、若干暴走している感も否めないがきっちりとまとまっている佳作だ。
最終回でどういう風に話が転がるか分からないが、楽しみである。
どきどきするこの感じは、久々である。
森下愛子が犯人なのでは、と相当適当に予想。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック