イノセント・ラヴ 最終回

「ラストフレンズ」に味をしめたスタッフが制作した「イノセント・ラヴ」
http://wwwz.fujitv.co.jp/innocentlove/index.html
はっきり言って、一周まわって面白かった。
突っ込みどころ満載!っていうところが面白いのだ。

特に最終回の展開はあっぱれ。
わずか一時間で問題を発生をさせ、何かもを終了させた
浅野妙子の脚本手腕はたいしたものである。

北川悠仁も初連ドラ月9出演の大役を乗り切った。
だんだんと表情も自然になり、演技も板についてきた。
もちろん俳優としてはまだまだだが、俳優としての今後も期待できる。

堀北真希も、不幸せな役を演じさせたら日本一かもしれないほど適役であった。

フジテレビはきっとこの流れの作品を2009年も作ってくるのだろうが、
それはそれで面白いので作り続けてほしい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック