第56回 NHK紅白歌合戦 ~視聴率は・・・~

紅白歌合戦の方向性が完全に見えた56回となった。
その方向性とは・・・

懐メロとその年流行した曲に限る

無理矢理にその年はやったかどうか分からない人を選出するよりも、
50組中20組は懐メロにしましょう!!
それも、70年代5組、80年代5組、90年代5組、00年代5組という割り振りで。

今回も結局は、懐メロ聞いているほうが安心だよ。
お茶の間でもそっちの方が親との会話も増えるのでは??

みのもんたの勢いはさすがだったね~
あまりに台本過ぎてかわいそうな場面はあったものの、エンターテイナーだよ。
真鍋かをりが審査員なんていうのも、びっくりしたけど。

それにしても、あまりに審査結果があっさりと出てしまったことに驚いた。
玉入れの玉を確かめるの結構盛り上がって好きなんだよなぁ~


そんな本家が盛り上がりを見せる中・・・恒例の裏紅白も繰り広げられていたんです。
つなぎ版ネット版ぴぴぴくらぶ裏紅白2005
これめちゃくちゃ面白いので見てください!!
過去のもあわせて見ると面白さ100倍です。

っていうことで、視聴率。
第一部35.4%、第二部42.9%であった。

地区別に数字が出ているんだけど、
全国で最も高いのは、”名古屋”で第一部40.2%、第二部51.1%。

一方、全国でも最も数値が低いのは、”北部九州”で第一部26.2%、第二部33.4%。

とても意外で地方の方が視聴率が高いのではないかと思ったのだが、そんなことはないようだ。
なんか不思議な感じするけど。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック