ぼくの妹 ~3ヶ月なんだったのだろうか・・・~

いや~ 結局「ぼくの妹」最終回まで見たのだが
結局初回から何も進んでいないのだ・・・
そういう作戦なのかと思いながらも、見て損した気分いっぱい。
どうしてこういう作品にしたのだろうか・・・

結局、オダギリジョーも長澤まさみも勢いに乗れずじまいっていうか、
乗るポイントも無かったという感じだろう。

なんだろう、過去の話が全然つながっていない感じなんだよなぁ。
ともさかりえって?千原ジュニアって??大滝秀治って???
一人ひとりが無駄死にっぽくてなんかつらかった。

そんな残念な作品の中で生き生きしていたのは、西原亜希。
西原亜希は1987年8月19日生まれの21歳。
えっ、21歳???って感じ・・・
「Aki's Room」というブログの中でも、この「ぼくの妹」についても書いている。
http://ameblo.jp/nishihara-aki/
「花より男子」の役も印象的だが、この「英機美」という役良かった。
更なる飛躍に期待である!!

ブログランキングblogram投票ボタン人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック! にほんブログ村 テレビブログへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ぼくの妹最終話(6.28)
  • Excerpt: 江上盟@オダギリジョーは、都会の大学病院と田舎の小じんまりした病院、 どっちに専念したらいいか決められず、両方通う日々が続き、 九鬼@千原ジュニアが姿を消して、失意の颯@長澤まさみは、 数ヵ月後..
  • Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
  • Tracked: 2009-07-02 00:29