ザ・スクープ ~久間三千年さんは無罪なのか?~

「ザ・スクープ スペシャル」第28弾http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/は、
「”第二の足利事件”は国家権力による殺人か!?」である。

精度の低いDNA鑑定がもたらした悲劇は、菅家利和さんだけではなかった。
このことについて、私はこの番組を見るまで知らなかった。
その人は久間三千年さん、2008年死刑執行された元死刑囚である。


様々な人が自己保身のために、久間三千年さんは殺されたのかもしれない。
そして、もっとも罪深いのは大臣という要職でありながら、
内容を精査せずに執行命令に捺印した森英介である。
また、鳥越俊太郎も実名で糾弾していたが、
陶山博生裁判長、小出(金へんに亨)一裁判長、滝井繁男裁判長の罪も重い。

無実の可能性が非常に高い人を殺したということは、それ自体が殺人だということだ。
私は、死刑はあるべきだと常々思うが、
このような事件があると喜ぶのは執行されるべき死刑囚だと思うと腹立たしい。

森英介が再び法務大臣にならないことを祈るばかりだが、
大臣にすらなれない、下手をすれば国会議員にもなれない可能性があることが
ほんのほんのほんの微々たるものではあるが救いである。

遺品から出た結果は番組内では公表されなかったが、
今後公表し久間三千年さんの無実が証明されることをただただ祈る。
だが、もう久間三千年さんはこの世にはいないのだ・・・

精度の低いDNA鑑定によって17年以上自由を奪われた足利事件の菅家利和さん。
一方で、全く同じDNA鑑定が有力な証拠となり殺人事件の犯人とされ、
死刑判決が下り、足利事件DNA再鑑定への動きが固まった直後に、
刑が執行された男がいる。いわゆる「飯塚事件」の久間三千年元死刑囚だ。
彼は死の直前まで一貫して無実を訴え続けていた…。

1992年、福岡県飯塚市で女児二人が殺害された。逮捕された久間元死刑囚は
当初から無実を主張。しかし裁判所は自白も直接証拠も一切ないことを認定しながら、
「状況証拠の積み重ね」によって死刑判決を繰り返した。
ところが肝心の状況証拠についても専門家たちは次々と疑問の声を上げている。
詳細すぎる目撃情報、血液型特定への疑問。そして問題のDNA鑑定…。

番組では裁判で採用された状況証拠を独自に再検証。さらにDNAの再鑑定に
向けて動き出し、「死後再審」を目指す弁護団に密着する。

もし再鑑定結果が当時の結果と違うものだったら…。
久間元死刑囚が真犯人ではなかった可能性が高まる。
果たして国家権力は無実の男性の死刑を執行してしまったのか!?
飯塚事件の真相に迫る中、思いもよらない事実が浮上した…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック