真相報道バンキシャ!誤報 検証番組 ~やらされ仕事~

「真相報道バンキシャ!」の誤報問題に関して、BPOから検証番組の放送を勧告された。
その勧告によって放送されたのが、「真相報道バンキシャ!誤報 検証番組」

興味深かったので、
18:00からの「真相報道バンキシャ!」内の検証特集と深夜の検証特番をともに見た。
これがほぼ同一内容で、がっかりもいいところである。

それに、全体的なトーンとして、「やれと言ったから、やっている」としか言いようがない。
感情がこもっていない感が画面を通して伝わってくる。
結局は”自分じゃない誰かのせい”というトーンなのだ。

誰も本音を語っていないのではないか?
だって、子会社や下請け会社社員という位置づけによる部分もあったろうに
一度も触れられることはなかった・・・

検証はこれで終わりではない、対策が今後きちんと機能しているか、を
検証し続けてこそ、検証番組として成立するのだと考える。
日本テレビには継続的にこういった番組を放送してほしい。
それではじめて、日本テレビの信頼が回復していくと考える。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック