世界一受けたい授業 ~ナハじゃなくて、アハしてますか?~

「ひらめ筋GOLD」のあまりの低迷ぶりに改編時期でもないのに
「世界一受けたい授業」の特番が放送された。

今回のウリは表面的には「松井秀喜」。
内容は、松井秀喜は、彼のすごさがわかっただけ。
っていうか、台本読みすぎ。
元祖孫悟空マチャアキも対応に苦慮し、台本読みまくってたし。

それ以上の目玉は「茂木健一郎」なんです。
アハ体験させてくれるんですよ、アハ、アハ。
2000だみつお、せんだみつおのギャクではないんですよ、これが。

言葉で本当に説明のしようがないんだよな~
家族でおもいっきり盛り上がっちゃいました。
そして、だまされたかのごとく脳が動いた気が・・・
普段も動かしているんでけどね・・・
これ、DVDで発売したらめちゃくちゃ売れると思うんだけどな~

あと、河合敦
今回初めて知ったがおもしろかった。
学校では教えない歴史。
そりゃ、江戸時代に水道があったなんて教えてくれないよなぁ。
雑学を教えつつ、本来学ぶべきことを学ばせたらもっと頭に入るんじゃないかなぁ~

で、一番驚いたのは、↓この写真
L050411.gif
この人、足利尊氏ってならったんだけど・・・

今の教科書では足利尊氏じゃないんだって!!
尊氏の執事らしいのだそうだ。
教科書では「騎馬武者像」と書かれているのだそうだ。
ショックだよ~

過去のことが変わったら、もっと広報してくれないのかなぁ?
だって、間違ってたんだから、きちんと国として教えるべきではないか??


将来、子供が「この写真だ~れだ?」って聞かれたら、
間違いなく、偉そうに「足利尊氏!!」と答えるだろう。

そんなことが起きないためにも、教科書変わったらニュースや新聞で伝えてくれい!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『世界史は日本史をどう記してきたか』河合敦
  • Excerpt: 日本史の授業の中で、脈絡が不明なまま、いきなり遣隋使や遣唐使が出てきたり、よくわからないまま秀吉が朝鮮に兵を出したり、どういうわけか突然鉄砲が伝わってきます。(わからないのは私が悪いのですが) ペリ..
  • Weblog: 本を読もう!!VIVA読書!
  • Tracked: 2006-03-12 17:05