追跡!AtoZ ~枠移動は大正解!!~

「追跡!AtoZ」が、2009年10月から土曜22時に枠移動。
http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/index.html
これは嬉しい。
TBSのドラマとめちゃイケがどうしても「追跡!AtoZ」を
上回っていただけに、この枠移動は朗報だ。

枠移動第1回は、「八ツ場ダム 解決の糸口はあるのか?」
わが故郷群馬の話題で、群馬の知事がメディアに出たのも久々である。
私が子どもの頃から話題になっていたことをいまさら思い出した。
っていうか、正直な事いってまだできていなかったのか位の話である。

それにしても、前原国土交通大臣の交渉術の下手さ加減には驚いた。
強固に建設中止は、反発を生むに決まっているのだ。

マスコミの多くは、建設するほうが中止するよりもお金がかからないと
いっているがこれは大きな間違いだと「追跡!AtoZ」は指摘している。
これは、私も間違いなく建設するほうがお金がかかると考えている。
当初の予算通りで進行した大型施設など無いに等しいのだ。
そう考えると、補償を払っても・・・というのは納得できる。

ただし、住民の感情はそうはいかない。
だから、前原大臣は対話すべきだったのだ。話して説得すべきだったのだ。
それが誠意であり、それが国民の代表であり、国会議員の代表である大臣のすることだと考える。
民主党が民意を得て、政権を得たことと、この八ツ場ダムの即中止にはつながらない。
強制的にしていいという民意ではないのだ。
そこを勘違いしてはならない。
党が変わったことはどうでもいいのだ、国民あっての大臣ということをもう一度見直してほしい。

そういうことを感じさせた「追跡!AtoZ」は評価できる。
今後もこの取材力に期待したい。

ブログランキングblogram投票ボタン人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック! にほんブログ村 テレビブログへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック