フルタの方程式 ~記憶に残る今中慎二のカーブ~

「フルタの方程式」2009年12月号は、
http://www.tv-asahi.co.jp/furuta/backnumber/12.html

内容は
【1】魔球バイブル
「~魔球~ レベル高きプロの世界で魔球の称号を
手に入れた男たちの奥義を紐解く!」


【2】盗塁の方程式 Part II
「バッテリーvsランナーの知られざる攻防の裏側」


と、今月も魅力的なテーマである。
特に「魔球バイブル」は相当面白かった。

今中慎二のカーブは今でも印象に残る魔球である。
どうしてあんなに曲がるのだろうか??と、当時は思った。
それが、怪我の功名だったとは・・・何が作用するかわからない・・・

それにしても、野田浩司のフォークも恐ろしかった。
絶好調時はストレートよりもフォークのコントロールの方が良かったなんて
そりゃ誰も打てないわけで。

やはり野球は深いのだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック