プロフェッショナル 仕事の流儀 ~井上雄彦の苦悩~

井上雄彦と言えば、「スラムダンク」。
週刊少年ジャンプの黄金時代である「1990年42号 - 1996年27号」に
連載されていた作品である。

そう、ちょうど私が中学・高校の頃で週刊少年ジャンプを
1週たりとも欠かしていなかった時代の作品である。

漫画家の素顔を見られるのは、週刊少年ジャンプの新年合併号くらい。
鳥山明ってこういう人なんだ~ 桂正和って・・・とか、秋本治は・・・とか。
楽しかった。
テレビ出る漫画家かなんて、藤子不二雄Aくらいだったからなぁ。

そんな中「プロフェッショナル 仕事の流儀」で井上雄彦が取り上げられた。
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/090915/index.html
「闘いの螺旋、いまだ終わらず」というテーマだ。

はっきり言ってもっとすらすら書いているのかと思いきや、ほぼ180度違った。
苦悩に続く苦悩の執筆活動である。
毎回毎回が闘いなのである。
だからこそ、深い作品が書けるし、その情熱が読者伝わってくるのだろう。

お金なんて有り余っているだろうに、この苦労。
向上し続ける人が、プロフェッショナル・・・素晴らしい方である。

井上雄彦のHPは、日本語、英語、韓国語、中国語で読める。
http://www.itplanning.co.jp/
それほど、世界的に漫画家なんだなぁ~と驚いた。

プロフェッショナル 仕事の流儀 ~藤原茂さんの人間くささ~
(2009年12月17日)
プロフェッショナル 仕事の流儀 ~心残さず、生ききる~(2008年10月1日)
プロフェッショナル 仕事の流儀 ~堤幸彦の世界~(2008年5月20日)
プロフェッショナル 仕事の流儀 ~大瀧雅良とは?!~(2007年3月31日)
プロフェッショナル・仕事の流儀 ~プロジェクトXのようにはいかないか・・・~2006年5月11日)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック