「暴走検察」を読んで思うこと

ツイッターをはじめて思うことは、とにかくさまざまな情報が入ってくるということ。
その中でも、上杉隆という人物を知って大きく政治やその周辺に関わることへの
考え方が変わった。

まずは「暴走検察」だ。
週刊朝日に連載されたものを再構成した書籍である。
この「暴走検察」の中では、今話題になっている村木厚子さんに対する冤罪事件で逮捕された
前田恒彦・大坪弘道の両氏もしっかりと、”暴走”側として登場している。

メインの話題は「小沢一郎 対 検察」である。
面白いというかありえない歴史が続いていることは間違いない。
「記者クラブ」というものに、私たちは洗脳されていたのだ。

よくテレビで見る首相、官房長官、総理大臣記者会見。
あれ、新聞・テレビしか多くの場合取材できないって知っていましたか??
だから、新聞・テレビが都合の悪いことは流さないとなったら、
誰も真実を知ることがなくなってしまうということ。
悪い使い方をすれば、新聞・テレビが流したいように流せば
ほかの情報が入ってこなくなるから、一般の人はそれが真実だと認識してしまう。

”小沢一郎”そのように作られた人の可能性が高いのである。

なんて恐ろしいということなんだろうか。
その事実の一部を垣間見ることができるのが「暴走検察」である。

いまテレビ・新聞で流されている情報は事実かどうか?
もう一度確かめてみる癖をつけてみると面白い。

新聞は少なくとも読む価値がないことが分かってくる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック