2006年04月23日

おいしいプロポーズ 初回

こりゃこりゃありきたり。
くりぃ~むしちゅのベタドラマをそのままドラマにしたようだ。
ただ、つまらないわけではないんだよなぁ。
それが、小松江里子脚本の妙。

卒業
東京エレベーターガール
いつも心に太陽を
セカンド・チャンス
若葉のころ
友達の恋人
青の時代
ママチャリ刑事
to Heart~恋して死にたい~
SUMMER SNOW
ガッコの先生
ママの遺伝子
元カレ
バツ彼
ブラザー☆ビート

という彼女の作品群を見ると、ベタドラマが多い訳です。

こう挙げてみると、初期の頃の作品は名作が多いですねぇ~
「卒業」「東京エレベーターガール」「セカンド・チャンス」「若葉のころ」「青の時代」
是非地上波で再放送してほしい!!

ということで、「おいしいプロポーズ」
この番組、実は開始前に大きな失敗をしているんだよな~

それは番宣!!
小林麻耶と青木裕子の意味不明なあの15秒。
同姓よりも異性に好かれる二人を使ったことも分からないし、
結婚したとか、どうしたとか、内容もよ~分からん。
これで見る気をなくした人もいるんじゃないかなぁ~

内容は、西村雅彦とアリキリ石井正則が持ってたな。
”おおこうち”と”おおかわち”っていうのも、ベタ。

そして、小林麻央もしっかりと持っていってくれた。
「HAPPY!」はやっぱり奇跡だったんだ!!
こいつがこの後ずっと出てくると思うだけで、悲しい。
「アンフェア」のようにはいかないよなぁ~

伊藤一尋Pの作品は必ず1名足らない役者をキャスティングしてしまうのが難点。

でもその汚点を覆しそうなのが、天野ひろゆきの娘のちはる。
彼女が今後のストーリー上重要な人になるのでは。
banner_01.gifbnr.gifにほんブログ村 テレビブログへ
posted by ようすけざん at 22:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年4月クール ドラマ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

「おいしいプロポーズ」の話
Excerpt: 「おいしいプロポーズ」 『公式サイト』 1・(視聴率14.1%)主演はイタリアンレストランのシェフ白石鈴子役の長谷川京子。口が悪く勝気な女性。鈴子はやはりレストランシェフだった父親を亡くしている。兄の..
Weblog: のらさんのうだうだ日和
Tracked: 2006-04-25 14:24