てっぱん ~主人公の成長が見られたならば~

てっぱんの第8週は「二代目はおのみっちゃん」
http://www9.nhk.or.jp/teppan/story/08.html

原作ものの「ゲゲゲの女房」はおいておいて、
「てっぱん」「ちりとてちん」と「つばさ」「ウェルかめ」で何が違うのか?

そうそれは、主人公の成長がわかるということ。
「てっぱん」の瀧本美織は成長著しい。
それは役柄もそうだが、瀧本美織自身の成長も垣間見れるところがいいのだ。
ともさかりえから引き継いで、富司純子を説得するシーンは印象的。
瀧本美織いい!!

それと、富司純子と遠藤憲一のシーンは涙なしでは無理。
富司純子が遠藤憲一に許した心と言葉。
みんなが滝本美織のことを愛しているし、みんながみんなを愛している。
綺麗ごとではない、その気持ちが伝わってくるのだ。

それにしても、富司純子のちょっとした表情の演技は、神業!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック