黒木昭雄さん自殺について思うこと

2010年11月2日に黒木昭雄さんの遺体が見つかった。
練炭で自殺したとのことだった。

岩手17歳殺人事件の真相を追いかけていた途中での自殺だった。
http://www.akuroki.jp/index_z.html
警察や岩手県の対応に心が折れたという報道もあるが、
とにかくなくなってしまったことが残念でならない。

ひとつ言えることは、また悲しむ人を増やしてしまったということ。
岩手17歳殺人事件でも多くの方が悲しんでいたが
それ以上の悲しみがこみ上げてくるのであった。

権力の恐ろしさを改めて、思い知ったことでしかない。

死んではダメだ。
死んで抗議するなんてダメだ。
死んだから相手が分かってくれる事なんてない。

それにしてもマスコミの堕落ぶり。
ずーっと堕落しているのかもしれないが、黒木昭雄さんの死すら伝えない。
伝えれば、黒木昭雄さんの思うツボになってしまうからである。
だから黒木昭雄さんの自殺は有効に作用しなかったのである。

生きて活動して欲しかった。
本当に。

ご冥福をお祈りいたします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック