2010 世界バレー ~32年振りのメダルは木村沙織の大成長~

「2010 世界バレー」で全日本女子が堂々の銅メダルを獲得した。
http://www.tbs.co.jp/sebare/
実に、32年振りのメダル。

ちょうど1年前に、
グラチャンバレー2009女子 ~勝てる試合で勝てない脆さ~(2009年11月15日)
で書いた脆さは影を潜めた。

木村沙織の活躍はも言わずもがなである。
http://www.tbs.co.jp/sebare/player_w/player12.html
栗原恵は故障、大山加奈は引退と全日本エースの不在となる窮地を救ったどころか
両エースを上回った。
はっきりいって、サオリンなどとアイドル扱いすることすら申し訳ない大エースである。
木村沙織のすごさはとにかく怪我をしないということ。
どんな秘訣があるかはわからないが、ぜひ後輩たちに伝えて言って欲しい。

とはいえ、竹下佳江の貢献度は測りきれない。
http://www.tbs.co.jp/sebare/player_w/player03.html
木村沙織が活きたのも、セッターの竹下佳江のテクニックあってこそ。

とにもかくにも、素晴らしい全日本女子バレーであった。

過去のバレーボールに関する記述は↓
世界バレーTV(2005年5月30日)
バレーボール ~カオル姫~(2005年6月29日)
ワールドグランドチャンピオンズカップ2005バレーボール・男子(2005年11月27日)
2006世界バレー女子 ~”9時またぐ”ための苦心の編集~(2006年11月20日)
ワールドカップバレー2007女子 ~がんばれ!多治見麻子!!~(2007年11月22日)
2008北京オリンピックバレーボール世界最終予選 ~目指せ!金メダル~(2008年5月25日)
2008北京オリンピックバレーボール世界最終予選 ~申し訳ない!男子バレーボールチーム・・・~(2008年6月8日)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック