ホメられてピカるくん!!! ~やっぱりピカルの定理の勝ち~

2011年フジテレビ初の番組は「ホメられてピカルくん」
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/101231homepica/index.html

2010年10月に始まった「ホメられてノビるくん」と「ピカルの定理」の合体番組。
しかも4時間を超える長丁場。
司会はバカリズムと西山喜久恵。
はっきりいって、かなり楽しかった。

フジテレビらしい、ドッキリ満載のガチンコ勝負なところが
往年のフジテレビの良さを象徴していてめちゃくちゃ楽しかった。

とくに、我が家谷田部俊と元AKB大島麻衣のドッキリ訪問。
はんにゃ金田哲のパソコンと平成ノブシコブシの吉村崇のアルバム、
そしてフジテレビアナウンサーの佐野瑞樹の妻・両親・兄そしていろいろな素性がばらされた。
「金田3104が072」というグッズに関しての、
大島麻衣のキャラ作りのすばらしさは、ほんとにすごいと思う。
クスリとも笑わない。
これはもうプロ中のプロ。
「佐野瑞樹の家で見たテレビにで公表できないグッズ」と「金田3104が072グッズ」を
大島麻衣が比較していたことからも「金田3104が072グッズ」が何かということは知っているわけで・・・

この番組の統括をしている片岡飛鳥も「殿様のフェロモン」で、どっきりで自宅訪問され
自室のドアをバズーカを壊される経験をしているのだ。
オンタイムで見ていたことが幸せでならない。深夜ながら大爆笑した思い出がある。

もうひとつ面白かったコーナーは、携帯電話のメールチェック。
ピースの綾部祐二の熟女好きが検証された。
マジで楽しかった~

でもバカリズムが素晴らしかった。
途中ところどころでグダグダになった番組をよく引っ張ったと思う。
2011年春のフジテレビキャラクターもおそらくないのだろうが、それだけの仕切りだった。

っていうか、”アイドリング!!!”がんばれ!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック