半落ち ~電車で号泣しちゃいました~

山手線の中で泣いている人みたら引きますよね~
それやっちゃいました。

「半落ち」
映画を見よう見ようと思いながら見れずに
テレビでの放送を待てど、やらず。
(TBSで一度やるといっていたのに、いつのまにか差し変わっていた)

本を手に入れて読んでみた。
いや~引き込まれる引き込まれる!!
稚拙な言葉で表現したくないほど、綿密に練られた作品。
それに、主人公に関わる人の視点から見て、話が進むあたりは
緊迫感が伝わってくる。

何より、新聞記者の経験をもつ著者ならではの
マスコミと警察、警察と検察、署内の部下と上司の圧倒的な上下関係
署内の部署間の権力闘争、検察と刑務所といった
見てきたものでしか書けないリアリティのある表現が
この作品の魅力のひとつである。

物語の焦点は
主人公はなぜ妻を殺めたのか?
「空白の2日間」に主人公は何をしていたのか?
主人公はなぜ死なずに生き続けているのか?

ぜひぜひ読んでみてください!!

初めてこのブログで本について書いてみました。
banner_01.gif bnr.gifにほんブログ村 テレビブログへ