20世紀スポーツ名勝負 ライバル伝説…光と影

2009年7月20日に放送された「20世紀スポーツ名勝負 ライバル伝説…光と影」
http://www.tbs.co.jp/rival09/index-j.html
が2011年1月9日に再放送された。

いや~まじでいい番組だった。

特に、江川卓対西本聖。
http://www.tbs.co.jp/rival09/egawa_vs_nishimoto.html
西本聖の方が年上と思っていたのだが、入団年が早いだけだった。
そりゃそうだ、江川卓は巨人入団までには浪人するなど、紆余曲折がありすぎた。

それにしてもライバル心むき出しの二人。
「あいつが、投げている時は、打たれろ、負けろ!と思っていた。」
とても同じチームの投手とは思えない。
でも、それが本当のライバル。

プロフェッショナル同士の戦いから十数年後、伊東であった二人。
西本聖の目頭く熱くなっていた。
反対に、淡々とふてぶてしい江川卓。
これは、昔も今も変わらない。
この違う二人だからこそ、戦いあえたのだ。

やっぱり、スポーツっていいものだ。

今から35年前。唯一、ライバルと言える存在に、男たちは出会った。

日本球界が生み出した、最初にして唯一の“ライバル”江川卓。西本聖。

昭和48年。天才投手として甲子園を湧かした怪物・江川。

一方、甲子園出場も無く、ドラフト外で巨人に入団した西本。

天才・江川雑草・西本の因縁のライバルの真実が明らかに!!

昭和53年秋。後に“空白の一日事件”と呼ばれるこの大騒動で

江川がジャイアンツに入団。

当時、入団5年目の西本はようやく、巨人軍の先発投手陣の一人に

入ろうかという存在だった。

「あいつが入団すると自分の居場所がなくなる、ふざけるな!入ってくるな!」

それが、西本の偽らざる気持ちだった。

試合はもちろん、練習でも常に闘志を全面に押し出す西本に対し、江川は

「彼は態度に出すタイプなんですよ、凄くライバル意識を燃やすっていうか

それが、この野郎って!思わせる要因なんですよ。」

その後、巨人投手陣の柱となった二人、そのライバル意識は加速していく。

ブルペンでも、互いに譲らず、どちらかが止めるまでピッチングを止めない二人。

食事はもちろん、新聞や雑誌などの取材でも頑なに2人での取材を避けた。

相手の試合を見る時には 奇しくも、二人とも、

「打たれろ!負けろ!」と心の中で叫び続けていたという。

二人とも「相手が負けた後に自分が勝つことで、自分の価値が上がる」と言い切る。

「エースは たった一人だけ!」という強烈なプライドの表れだ。

そんな二人のプライドが最もぶつかり合ったのが、1983年の西武との日本シリーズ。

脚の怪我の為、調子が上がらない江川に対し、西本は2試合完投の力投を見せる。

第5戦を終えジャイアンツ3勝2敗。ついに日本一に王手を掛けた。


迎えた運命の第6戦。9回、3-2で巨人リードの場面。ブルペンでは江川、西本の二人がリリーフの準備をしていた。「野球人生で初めて、脚がどうなっても
いいから俺が投げる!」と意気込んでいた江川。果たして、リリーフを告げられたのは江川か、それとも西本か…?

高校時代、練習試合で初めて顔を会わせた運命の出会いから今年で35年。

これまで一度たりとも腹を割って話しをしたことない二人が、今回ついに

思い出の地、伊東で会うことになった。伊東は、二人が入団間もない頃、

長嶋監督のもと、“地獄の伊東キャンプ”と後に言われた伝説の合宿地だ。

その再会場所に向かう途中、西本は感極まって涙を流した。

今尚、色あせる事のない男たちの戦いの記憶。

野球界伝説のライバルたちは、果たして何を語るのか?











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック