2006年05月22日

NHKスペシャル「笑いがビジネスを変える」 ~面白くない人がいくら研究しても・・・~

日曜日の夜ってそれにしてもつまらない番組ばかり。
特に、20:00~22:00は致命的だなぁ。
全く見たい番組がない。


そんな中、見たのが『NHKスペシャル「笑いがビジネスを変える」』
タイトルは非常におもしろそう!!

ってことで見てみましたが、
”つまらない人が作った、つまらない番組”
した。

このブログでも再三に渡っていっている、”笑い”は難しいのだ。
それは、テレビの視聴者を笑わすこともそうだけど
普段の生活の中でも、他人を笑わすことも難しい。
特に、上下関係があったり、お堅い会社だったりすれば尚更だ。

この番組で取り上げられた”笑力研究会”。
誰だよ。この人たちは・・・
まず、この人たちがどう考えてもつまらない。
笑いのセンスを1秒、1ミリも感じられない。

伊東四朗に真面目にお笑いとは??
って聞いちゃう時点で寒すぎるよ。

それに落語聴いてメモるってさぁ。
演者に対して失礼だし、隣の席に座ってる人も嫌だと思うよ。
だから、人を笑わせられないんだよ。

伊東四朗が言ってたでしょ!!
間が大切なんですよ。間が!!

その間を見ましょうよ。
その間を感じずにメモに一生懸命なんて、
笑いを冒涜してる!!

と言いたくもなる。

きっとこの番組の制作者はつまらん人なんだろう。

保険会社のコールセンターの取組みはおもしろいが、
『笑い』
というテーマで取り上げるにはあまりにも強引

ノースウエスト航空の例も強引。

なんだか、企業の福利厚生の仕組みを充実せよってことか??
と思わせる内容だった。

それにしても、
こんなに質が超低い番組を
日曜21:00に放送してしまう
NHKのチェック機能の低さには
唖然とし、愕然とした。


でもでも、ノースウエスト航空の取り組みは面白い。
自分の会社も以前はその方向性が強かったんだけどなぁ・・・
posted by ようすけざん at 01:06| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) |  NHKスペシャル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その時間帯だけじゃなくて日曜日って全体的につまらない番組多くないですかね?

前は、TBSのドラマ見てたんだけど、今期のドラマは・・・悪くないけど、あれなんかに似てる。

ちょっと王様のレストランもぱくってるよね?西村雅彦とかいるしさ
Posted by 柴犬 at 2006年05月22日 14:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック