3年B組金八先生 ~海援隊のコンサートに行く金八先生~

「3年B組金八先生」でもしかしたら一番ゆるい回なのかもしれないのが、
1980年1月4日に放送された「母に捧げるバラード」

全体の話としては、田原俊彦が母親がいないことの悩みがテーマで
興味深い話になっている。

では、何がゆるいかと言うと、
金八先生が田原俊彦ら生徒と一緒に海援隊のコンサートに行った場面。
話の筋と全く関係のないコンサートの内容を、1時間のドラマで10分近く割くという
今となってはありえない場面。

その後、金八先生が武田鉄矢の楽屋に行って、二人でトークするというのも
いまではそう難しくないのだろうが、当時としては画期的だったのでは??
(「ムー」とか「時間ですよ」とかでやってそうだけど・・・)

それにしても、田原俊彦かわいいなぁ。
そっか、この下地があって「教師びんびん物語」があったのか!!
今更になって気がついた、おそすぎ・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック