アスリートの魂 ~田中理恵の笑顔と涙~

2011年4月4日から、NHKで「アスリートの魂」
http://www.nhk.or.jp/tamashii/index.html
というスポーツドキュメント番組が始まった。

この番組のコンセプトは
http://www.nhk.or.jp/tamashii/about/index.html

頂点を目指す、日本、そして世界の
多くのアスリートたち。

チャレンジを続けることで、
チャンスと栄光をつかもうとする
アスリートたちの様々な“魂”に迫ります。

「僕たちのプレーで、日本を、地元を、勇気づけたい、力と希望を届けたい」
「幸運は、99%の努力をしたものだけに送られるプレゼントだと思っています」
「金メダルだけが目標ではありません、人に感動を与え、
一人でも多くの人の記憶に残ることが、もうひとつの目標です」
「精一杯やった、本当にそう思える時まで現役を続けたい、
そのために練習しています」
「1秒のわずか千分の1、その世界で勝ちと負けを繰り返しています」
「勝てなくて苦しい時こそ、課題が見えてくる、プレーが進歩する。
そう思って、ひとつひとつの壁を乗り越えようとしています」

いろいろな魂に、この番組で出会って下さい。
第3回は女子体操の田中理恵。
http://www.nhk.or.jp/tamashii/file/003.html
田中理恵のあふれる笑顔と練習中の涙の対比が興味深かった。

田中理恵は23歳で代表入りした遅咲きの選手。
2010年ロッテルダム世界選手権では、
最も美しい演技で観客を魅了したとして「ロンジン・エレガンス賞」が贈られた。

「アスリートの魂」で注目していたのは、段違い平行棒の移動技「マロニー」
4月24日に行われた全日本選手権個人総合で見事に成功!
ただ、残念ながら女王鶴見虹子に総合では及ばなかった。

田中理恵これからも注目すべき選手である。
確かに素晴らしい笑顔!


にほんブログ村 テレビブログへブログランキングblogram投票ボタン人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック