世界の中心で、愛をさけぶ ~そう、朔太郎は亡くなった亜紀を見ていない~

「世界の中心で、愛をさけぶ」最終回は、絵本。
http://www.tbs.co.jp/sekai-ai/story_11.html
 
「ソラノウタ

生きていくあなたへ

もしもおまえが、枯葉ってなんの役にたつのって聞いたなら

私は答えるだろう
病んだ土を肥やすんだと

おまえは聞く
冬はなぜ必要なの?

すると私は答えるだろう
新しい葉を生み出すためさ

おまえは聞く
葉っぱはなんであんなに緑なの?

そこでは私は答える
なぜって、やつらはいのちの力に溢れているから

おまえはまた聞く
夏が終わらなきゃいけないわけは?

わたしは答える
葉っぱどもが
みんな死んで行けるようにさ

おまえは最後に聞く

隣のあの子はどこに行ったの?

すると私は答えるだろう

もう見えないよ

なぜならお前の中にいるからさ

おまえの脚はあの子の脚だ

がんばれ」

改めてしっかりみると、いい詩だなぁ。

それにしても、ラストシーンの綾瀬はるかの最高の笑顔とキラキラした瞳。
忘れられないなぁ~

やっぱり名作だ。
にほんブログ村 テレビブログへブログランキングblogram投票ボタン人気ブログランキングへ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック