NHKスペシャル「巨大津波“いのち”をどう守るのか」 ~さすがNHK!~

NHKスペシャル「巨大津波“いのち”をどう守るのか」が放送された。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/110507.html
本放送での評判を見て、再放送で見た。

もしNHKスペシャル「巨大津波“いのち”をどう守るのか」を
ご覧になっていない方がいらっしゃれば
http://www.youtube.com/watch?v=HO3SHsLAXF0
からご覧下さい。
言葉で書いてしまうとあまりに稚拙で・・・簡単に感想を・・・

とにかく衝撃的な映像が続いた。
冒頭で、船が大津波を超えるシーン。
親子が、大津波に耐え、瓦屋根に逃げるシーン。
上流から流れ、橋にしがみついた男性を助けるシーン。
地震で起きた交通事故を処理していた警察官に向かう津波のシーン。
名取市に押し寄せた想定外の津波のシーン。
いずれも、衝撃的で涙はでず、驚くばかり。

奇跡的に生還した方たちへのインタビューもリアルで見入ってしまった。

そして、番組ラストの印象的な言葉。

沿岸部で大きな地震に遭遇したらとにかく逃げろ高台に、海から遠くへ
すぐに津波が来なくても、警報が解除するまでは安心するな。
100回の警報で99回は空振りかもしれない。
それでも逃げろ。それが生死を分けるのだ。


響いた・・・
私は東京都内の内陸地域にいるので、津波が来ることはないだろう。
でも、いつどのような天災に遭遇するか分からない。

日本は海に囲まれた国。
つまり、また自信があれば大津奈美が来る可能性があるのだ。
その時のためにも、役立てたい。
にほんブログ村 テレビブログへブログランキングblogram投票ボタン人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック