殺し屋シュウ ~野沢尚がいたら・・・~

野沢尚は好きな脚本家の1人である。
その野沢尚が、自ら命を絶ってから2年が過ぎた。
彼の死を知ったときの衝撃は忘れられない。
「なんで、なんでなんだ・・・」って心から思った。

「この愛に生きて」(1994年)
「恋人よ」(1995年)

は名作中の名作だ。
そして、彼は脚本家としてだけでなく小説家としても活躍していたのにだ・・・

その小説のひとつ「殺し屋シュウ」は
「急逝した著者がハリウッドで
映画化を夢見た幻のシリーズ」

なのだ。
この作品が積み重なればきっと映画化も夢ではなかったろうに。

とにかくこの作品は深い。
殺し屋だから結局は依頼を遂行するのだが、その過程に引き込まれる。
シュウの過去と殺される人、そして殺しを依頼する人。
それぞれの人がさまざまな過去を背負いながら生きているのだ。

この作品の中で野沢尚は何を伝えたかったのか・・・

きっと野沢尚が今も生きていれば、深くは考えなかっただろう。
しかし、彼はいない。

生きるとは何か、死ぬとは何か。
深く考えなくてはならない・・・

改めてご冥福を祈りたい。
banner_01.gif bnr.gifにほんブログ村 テレビブログへ