ステイゴールド ~これこそ和製スタンドバイミーだ!!~

これもまた野沢尚作品である。
自殺した奈美が教えてくれた伝説の雫の話。
川をどこまでも上流に登っていくと、岩の間から水が湧き出している。
その何も混じっていないきれいな水を、みんなで飲めば友情は永遠に…。
さよならも言わずに逝ってしまった友の思い出を胸に、
わたし、真琴、理沙の三人は「永遠の友情」を求めて冒険の旅に出た。
野沢版“スタンド・バイ・ミー”。
「スタンド・バイ・ミー」と言われただけで、読みたくなるのは70年代生まれの宿命なのか?
と思えるほど、「スタンド・バイ・ミー」は偉大だ。

”友情”
とっても好きな言葉だ。
”恋”より”友”
結局は、いざという時に自分を助けてくれるのは、
親でも、恋人でもなく友達でしかないのだ。(妻や子供は別格だが)

この作品は、中学生だからこそ露呈できる
人間の”強さ””弱さ”が随所に現れている。
それが青春なのかもしれない。

自分を繕わないこと、
それが青春なんだろう。

友人を信じられること、友人に信じられること。
そんな人になりたい。

banner_01.gif bnr.gifにほんブログ村 テレビブログへ