生まれる。 ~がちゃがちゃしたけど佳作~

「生まれる。」http://www.tbs.co.jp/umareru2011/
視聴率はパッとしなかったけど、佳作だ。

高齢出産という切り口の中で、命の大切さを伝えたことは素晴らしいと思う。
森三中の大島美幸の夫である鈴木おさむのすごさを改めて思い知った。

中盤がちゃがちゃごちゃごちゃしたのだが、最後はきっちりと整理したのはさすが。
でも、がちゃがちゃごちゃごちゃしすぎ。
特に、大倉忠義と斉藤歩の親子関係が長すぎたなぁ。

それにしても堀北真希が健気でよかった。いい意味で一皮むけた感じがある。

でも、やっぱりやっぱり田中美佐子。
http://www.sato-kikaku.co.jp/profile/tanaka.html
主役は正直、田中美佐子でしょう。

現在「生まれる。」の役柄と同じ51歳。
ということ自体が、信じられない美しさ。
名作「十年愛」も、もう約20年前か・・・・・・

「生まれる。」ということの大変さ、「生まれる。」ということの美しさ
その美しさの裏にある困難さ、をうまく描いていたと思う。
にほんブログ村 テレビブログへブログランキングblogram投票ボタン人気ブログランキングへ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック