蜜の味-A Taste Of Honey- ~注目は木村文乃~

2011年10月クールの木曜劇場は「蜜の味-A Taste Of Honey-」
http://www.fujitv.co.jp/mitsunoaji/index.html

大石静脚本ということで、ドロドロの様子が描かれるのだろう。
カメラワークも、BGMもベタな感じ。
菅野美穂がとにかく怖くて、いい感じ。
「泣かないと決めた日」ですっかりいじめられ役が板についた榮倉奈々。
もう泣き顔も立派。

それにしても、119につながらないというありえない状況に対して
ARATAが「そんなことあるのか?」というセリフで
解決させたのは、すごい手法。納得せざるを得ない。
でも、ない設定だな。

注目は、ライライこと頼陽華役の木村文乃。
華和家の四姉妹 ~観月ありさの劣化に驚く~(2011年7月10日)
http://yosukezan.seesaa.net/article/216017588.html
でも書いたように、魅力的である。

木村文乃は、1987年10月19日東京生まれの24歳。
http://www.tristone.co.jp/actors/kimura/
研修医仲間として、どう絡んでくるか楽しみである。

この「蜜の味-A Taste Of Honey-」の中では描かれない
「エピソード0 ~はじまりの夏~」がUPされている。
http://www.fujitv.co.jp/mitsunoaji/spe_movie/index.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック