バレーボール ワールドカップ2011 日本VSアメリカを観て思ったこと 1

初めてナショナルチームのスポーツを応援に行った。
それが、野球でもサッカーでもなく、女子バレーボール。

そう、”バレーボール ワールドカップ2011”を観に行った。
http://vbworldcup.jp/
http://www.fujitv.co.jp/sports/volley/worldcup2011/

しかも、最終戦。「日本VSアメリカ」。

前日の「日本VSドイツ」でフルセットの末に勝利し、
オリンピック出場権獲得の可能性を残した試合である。
といっても、「中国VSドイツ」の試合結果試合だったのだが・・・

結果はご存じのとおり、中国がドイツに勝ち、3位の可能性は消滅したのだが、
アメリカを相手にストレート勝ち。本当に素晴らしい試合だった。
たらればをいうのは稚拙すぎるが、なんでこんなに強いチームが3位に入れないのかとも思った。

木村沙織のアタック決定後の笑顔に癒され
http://www.fujitv.co.jp/sports/volley/worldcup2011/w12_kimura.html

荒木絵里香の男前さに惚れ
http://www.fujitv.co.jp/sports/volley/worldcup2011/w11_araki.html

竹下佳江の本当に左右自在なトス回しに驚き
http://www.fujitv.co.jp/sports/volley/worldcup2011/w03_takeshita.html

佐野優子の奇跡的なレシーブに賞賛した。
http://www.fujitv.co.jp/sports/volley/worldcup2011/w06_sano.html

でも、今回は
山口舞
http://www.fujitv.co.jp/sports/volley/worldcup2011/w07_yamaguchi.html

江畑幸子
http://www.fujitv.co.jp/sports/volley/worldcup2011/w14_ebata.html

岩坂名奈
http://www.fujitv.co.jp/sports/volley/worldcup2011/w10_iwasaka.html

の成長が導いた立派すぎる4位である。
つまり、木村沙織の負担を減らしたことが最大の要因だと思う。

いや~、第1セットの29対27はしびれた!!

竹下佳江が木村沙織に3本連続トスを上げ、最後に決める姿には飛び上るほど感動した。
この勢いは、絶対にオリンピックでメダルが取れる!

もちろんその前に、オリンピック出場を決めなくてはならないのだが!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック