最高の人生終り方-エンディングプランナー- ~スタッフが映っちゃった・・・~

やってしまった。
山下智久が遺言を読むシーンでスタッフが窓ガラスに映ってた・・・
チェックして誰も気づかなかったのかなぁ~

と、ケチがついて始まった
TBSの木曜ドラマ9「最高の人生終り方-エンディングプランナー-」
http://www.tbs.co.jp/saikou-no-jinsei/

う~ん、少し期待しすぎてしまったかなぁ、渡辺千穂脚本に。
結構ベタな展開できたので、ちょっと物足りなかった。
前半と後半のメリハリが足りないから、後半ぐっと来ない感じかなぁ。
脚本というよりも、演出がイマイチなのかも。


きちんと第1話で伏線を張った感じ。高校の先生とか。
まぁ、次回以降の展開に期待してみよう。

榮倉奈々が、警察官ぽいちょっと強めの口調なのが無理していて、
痛々しい反面、かわいくも思える不思議な感じ。

前田敦子はちょっと太りすぎか?
肉厚すぎる。

山下智久と山崎務の「クロサギ」コンビは安定していて見ていて安心。

それにしても、バナナマン設楽というキャスティングには驚く。
死に顔が今にも笑いそうな感じがして・・・こっちが笑ってしまったよ。
好きだけどシリアス系ドラマは無理じゃないか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック