4TEEN ~中学2年っていいものですね~

野沢尚の「ステイゴールド」とは違う青春友情もの。
「ステイゴールド」が、”純粋理想系青春モノ”としたら、

「4TEEN」は、”現実デフォルメ系青春モノ”という感じだ。
 

いろいろな人に出会いながら、いろいろな経験をし、
成長していく14歳。
いいじゃないですか~
14歳。
何かも熱いお年頃ですよ。
何にでも興味があって、何にでも挑戦したくなる。
そして、失敗が一番怖くない年齢。


風俗嬢を病室に呼んでみたり、歌舞伎町でいろんな経験をしてみたり
家族との確執があったり、不倫サイトで出会ったり、
まぁ~現実ではありえなそうなんだけど、ちょっと大人ぶった14歳ならありえる
っていうところがいい。
まぁ~東京だからっていうのもあるんだけどね。

特に良かったのは、ダイが警察に保護されているときにほかの3人が宛てた手紙。
絶対に書くことなさそうなんだけど、結構書くことがあったりする。
普段は恥ずかしくて文字なんかにできないんだけど・・・
っていうか、文字にする必要がないくらい心を通わせているんだけど、

いなくなると、どうしていいかわからない。
分かるなぁ~その気持ち・・・


この作品はこれで終わりなんだけど、続きが読みたいなぁ~
力入れずに気を抜いた感じで書いてほしい。

 banner_01.gif bnr.gifにほんブログ村 テレビブログへ Blogle ブログる。 日本最大級のブログポータルサイト

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック