ビューティフルレイン ~豊川悦司と芦田愛菜で挽回なるか~

2012年7月クールのフジテレビドラマチックサンデーは「ビューティフルレイン」
http://www.fujitv.co.jp/beautifulrain/index.html
「家族のうた」が惨憺たる結果ということもあり、早めの情報解禁になったのではないだろうか。

再び芦田愛菜に頼るフジテレビ。
設定は確かに興味深く、芦田愛菜も演じ甲斐があるということだろう。

TBS向井理VSフジ芦田愛菜も楽しみである。
2012年7月からスタートする<ドラマチック・サンデー>『ビューティフルレイン』は、ある日突然、若年性アルツハイマー病と診断される父親とその父親をひたむきに支えていく幼い娘の純粋な親子愛を描くドラマです。

今回ダブル主演を務めるのは、1999年『危険な関係』以来、約13年ぶりにフジテレビの連続ドラマ出演となる豊川悦司さんと、ドラマチック・サンデー『マルモのおきて』(2011年4月期)以来のフジテレビ連続ドラマ出演となる芦田愛菜さん
す。

豊川さん演じる木下圭介(きのした けいすけ)は、妻と死別して以来、工場の離れで幼い娘とふたり暮らし。下町の金属加工工場を支える腕のいい職人であり、少年野球チームの監督も務める明るい男です。圭介は、人情あふれる下町の仲間に囲まれて、娘と一緒に楽しく暮らしてきましたが、ここ最近物忘れが激しくなり、ある日突然、その原因は“若年性アルツハイマー”だと診断されてしまいます。
一方、芦田さん演じる木下美雨(きのした みう)は、しっかりしていますが、中身はまだまだ子ども。母を亡くした寂しさを父ゆずりの明るい性格ではね除けていました。しかし、父と仲良く2人3脚で過ごしてきた日々が、彼の突然の病によって一変することに…。

幼い娘をずっと守りながら育ててきた父と、お母さんがいなくてもお父さんと一緒なら大丈夫と信じてきた娘――強い絆で結ばれた父娘は、この現実とどのように向き合い、どう乗り越えていくのでしょうか?

共演は、圭介が勤める職場の後輩職人に三浦翔平さん、圭介の先輩工員にでんでんさん、職場の社長に蟹江敬三さん、主治医となる医師に安田顕さんを迎えます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック