ぼくの夏休み ~「明日の光をつかめ」じゃなくて残念~

フジテレビの13:30からのドラマ枠は、今や唯一の昼ドラ枠である。
そして2012年7月にスタートするのが東海テレビ制作の「ぼくの夏休み」
http://tokai-tv.com/bokunatsu/
フジ系昼ドラ195作目は、昼ドラ史上最年少・13歳の綾部守人が主演!!

戦時中の日本にタイムスリップした兄妹の感動の成長物語!

主題歌は、由紀さおり&ピンクマルティーニ「夜明けのスキャット」、

更にエンディングテーマに「さらば夏の日」が決定!
昨年、一昨年は「明日の光をつかめ」を放送していた枠である。
http://tokai-tv.com/asunohikari/
http://tokai-tv.com/asupika2/
さすがにネタ切れか「明日の光をつかめ3」とはならなかった。

でも、「ぼくの夏休み」おもしろそう。
戦時中にタイムスリップなんて、なかなか興味深い設定。
これは、録画してみてみよう
第1週あらすじ
平成24年夏。和也(綾部守人)とはる菜(二宮星)は上野駅を目指し、大勢の人ごみの中を歩いていた。小心者だが妹には強気な兄と、それでも兄にくっついて離れない妹。二人の両親に離婚問題が浮上し、夏休みの間、茨城県にある母の実家に兄妹で預けられることになったのだった。

「死ね! 死ね!」電車に乗り、携帯電話でゲームを始める和也。するとある老婆が注意する。そんな言葉使うんじゃない、と。戦時中、ここから汽車で兵隊に行った男たちはほとんどが死んだのだと言う。「戦争は恐ろしい…」老婆の目がギョロリと和也を睨みつける。

 その老婆から逃げるように、途中下車した和也とはる菜。すると、駅のホームで次の電車を待つ二人の前に、轟音とともにSLが現れる。と同時に和也が手にしていた携帯電話の表示が『圏外』へと変わる…。

 SLから降りた和也とはる菜の前に広がっていたのは、昭和19年の町並みだった。和也は自分がどこにいるのかが完全に理解できていないが、理解もしたくはない。その瞳は恐怖に包まれる。

「日本は負ける、みんな死ぬぞーっ」上条旅館の息子・耕作(崎本大海)は、鍵をかけられた薄暗い部屋で一人叫んでいた。父・大五郎(升毅)は戦地から帰還した耕作のその言動のせいで上条家が非国民扱いとなったことに苛立つ。女将のマツ(うつみ宮土理)や若女将の佐代(高岡早紀)がたしなめるが、そこへ洗濯物と食料が盗まれたと知らせが入る。

 廃墟の小屋に身を隠し、畑でとって来た野菜で飢えをしのぐ和也とはる菜。ある夜、和也は携帯電話の電源を入れ、はる菜に画面を見せる。そこには旅行や家
の中での母親との写真が映し出されていた。ママに会いたい…と泣き出すはる菜。和也は日本が戦争に負けたら、きっと戻れるからと励ますのだが…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック