2006世界バレー女子 ~”9時またぐ”ための苦心の編集~

TBSが1年以上かけてプロモーション活動を行ってきた「世界バレー」が開幕した。
女子は既に幕を閉じ、男子大会が現在行われいてる。

女子は、6位に終わったものの、MVPにセッターの竹下が選らばれる不可解さ。
こういうことやったら、竹下の価値も下がるってこと、わからないのかなぁ~

女子バレーは結構真剣に見ちゃうんだよなぁ。
今回も結構楽しませてもらいました。

試合開始は基本18時なので、19時OAは”撮って出し”。
いつ終わるか分からない試合を、決められた時間内で編集するんだから、
編集マン大変だよなぁ~
その上、局からは「定時でなんて終わらせるなよ~」なんていう、
プレッシャーもありなわけだから。
っていうか、今回は”9時またぎ”が露骨すぎ!!


確かに、終わる時間が決まっている状況だと、
「負けたなぁ」「勝ったなぁ」はすぐに分かっちゃうのはいやだけど。

でもよくよく考えたら、生放送でやればいいわけですよ。
前からいっているとおり、
スポーツは生に限るわけです!!
そこは見直してほしいなぁ~

「WaT」はジャニーズよりも勉強していて、好感が持てたなぁ。
それに、「モーニング娘。」も男子の応援らしく出てなくて良かった。

この記事へのコメント

  • kiyuma

    わたしもバレーは結構見てるほうだけど
    ここ数年芸能人化?が顕著で好感がもてませんでした。竹下のセッターのよさもここんとこよくわからないし。男子はずっと下火で見ててもおもしろくなかったのだけど、今回はまあまあいけたよね。あんまりカッコイイ選手がいないのもいいのかも(笑)
    2006年11月26日 18:30

この記事へのトラックバック