プロフェッショナル 仕事の流儀 ~啐啄~

「プロフェッショナル 仕事の流儀」 小学校教師・菊池省三。
http://www.nhk.or.jp/professional/2012/0716/index.html

大津市のいじめ問題がクローズアップされる中で、
偶然なのかタイムリーな人が取り上げられた。

この20年で、崩壊したクラスを次々と立て直してきたという菊池省三。
「自信がないから、友達をいじめたり、教師に反抗的になる」
確かにそうかもしれない。
誰にも認められないから、というのはある。
その自信を持たせることが重要ということ。

”アメとムチ”の使い方も重要。

ディベート楽しそうだな。しゃべるのが苦手の子をどうやって参加させるのか。
もっと知りたい内容であった。

成長ノートはいいな。
先生は大変だけど、児童の本音が垣間見れるんだろうな。

自分の娘が小学校に行くようになって、改めて教師の大変さを感じるし
教師によって子どもたちが感じることも違うとも感じる。

どんな児童にもあきらめず接してほしいと常に思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック