プロフェッショナル 仕事の流儀 ~1糸の重み~

「プロフェッショナル 仕事の流儀」 心臓外科医・天野篤。
http://www.nhk.or.jp/professional/2012/0514/index.html

失敗が許されない中で難易度の高い手術に取り組む姿に涙が止まらなかった。
その影にある、父の形見の人工弁を持ち続ける・・・
努力あってこその今の地位だということに納得した。

身体のいろいろな部分から血管を取り出す。
そして、直径2mm以下の血管をつなぎあわせる。
まさしく神技。想像をはるかに超える技術である。
そして、元気を取り戻す患者たち。

天野さんがいつ休んでいるのかが心配になる。

それにしても、天野篤の手術の技術の素晴らしさに
素人なんだが涙が止まらなかった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック