東京全力少女 ~伴一彦脚本は脚本作りのお手本~

日本テレビの10月10日10時にスタートした「東京全力少女」
http://www.ntv.co.jp/tokyo/

普通に考えれば、父親と娘が一発で偶然出会うなんてありえない。
そこはドラマのお約束。
そこまでのストーリーは主ではなく、そこから始まるストーリーが主題なのである。
でも、大切なのはどちらも大切にするということ。

父親と娘が出会うシーンが、
子どもの頃ブランコで父親に背中を押されるシーンと
つながっているのもベタなんだけど、好きである。

そういうところがさすがの伴一彦か脚本である。

忘れてはならないのは、武井咲の笑顔が魅力的だということ。
「Wの悲劇」「息もできない夏」で見られなかった笑顔。

武井咲がブレイクするのも含めて、第2話以降が楽しみ!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック