華麗なる一族 ~本当は、本当に大介の子供なのでは?~

原作を読んでいないので、表題に書いた
敬介の子供ではなく、本当に大介の子供なのではないか?

と思っている。
これで、本当に敬介の子供だったら・・・つまらないもんなぁ。

 

それにしても、高須相子がこの秘密を知らなかったとは思わなかった。
なぁ~んだって感じ。知っててほしかった。
知ってたから、どうだっていう話もないんだけど。

 

それにしても、終盤は裁判になってしまうのだろうか。
作品自体の質を保つのが非常に難しくなってしまう。

大作を短時間で描きすぎた弊害なのか?
もともとこういう作品なのか?
物足りない感たっぷりだ。

このままでは、名実ともに「花より男子2」に負けるのでは?!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック